メニュー

ご挨拶

 東京農業大学は、明治期に逓信、文部、外務、農商務大臣を歴任した近代日本の国際人であり科学者でもある子爵榎本武揚公により、明治24(1891)年に徳川育英会を母体とした私立育英黌農業科として創設され、平成28年に創立125周年を迎えました。榎本公は、ヨーロッパ留学で体験した先進的科学技術がわが国の産業発展にとっていかに重要か、そのための教育研究がいかに大切かを痛感し、本学を設立しました。
 本学の学風は、長い歴史の上に培われたものですが、その基礎を築かれたのは、優良な種籾の選抜法として「籾の塩水選法」を考案した、我が国農学の先駆者である初代学長横井時敬先生です。その教育研究方針は「稲のことは稲にきけ」「農業のことは農民にきけ」です。知識と経験によって裏打ちされた知を持って現場にある問題を抽出し、解決する姿勢、これが「実学主義」であり、「人物を畑に還す」という建学の精神と共に、本学の教育研究の理念となっています。
 大学はもちろん学問の場ですが、横井先生は東京農大精神を「質実剛健(しつじつごうけん:かざりけがなく真面目で、心がゆるがないこと)」「独立不羈(どくりつふき:主体的に行動、生活すること)」「自彊不息(じきょうやまず:みずから勉めて励むこと)」と表現され、課外活動を学生の人格の陶冶、協調性と先見性を養う場として重要視しました。
 この東京農大精神を各クラブで先輩から後輩へと継承し、東京農大スポーツの輝かしい発展が今ここにあります。
 各クラブの活躍に、学生、教職員、卒業生、地域の皆さまが一体となり、応援することにより、農大ファミリーが形成され、喜び、楽しさ、悔しさを共有できます。
 この度、これら学生たちの課外活動に一緒になって活動していただくため、「東京農大スポーツサポート募金」を創設いたしました。
 未来ある東京農大生たちの頑張りに対し、日ごろから本学の発展にご理解をいただいている皆様には、重ねてのお願いとなりますが、東京農大スポーツのこれまで以上の活躍を期するため、格別のご支援ご協力を賜りますようお願いいたします。

東京農業大学 学長
東京農業大学短期大学部 学長
 
     髙   野   克   己