東京農業大学 「修学支援募金」
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う学生支援募金

  • HOME
  • 東京農業大学 「修学支援募金」
東京農業大学「修学支援募金」
寄付金額 累計 :23,044,000

東京農業大学 「修学支援募金」(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う学生支援募金) へのご支援のお願い

 

東京農業大学長 髙野克己

 

 新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言が継続される中、東京農業大学は511日(月)からインターネットを介した遠隔授業を開始しました。前期中の授業はすべてこの形で行います。 

 感染拡大の勢いに衰えが見え始めていますが、第2波、第3波の発生も懸念される中、学生、教職員の健康と安全を守りながら、教育を継続する最善の形態だと考えています。

コロナ禍が世界の経済に与えた被害は甚大で、さらに拡大を続けています。

「リーマンショックを上回る」「1930年代の世界恐慌に匹敵する」など、さまざまな見方が出されています。日本経済の停滞は長期化するでしょう。アルバイト収入が途絶えて経済的に困窮されている学生も多く、学業の継続が難しくなる人もいるかもしれません。

 東京農業大学はそうした状況に応えて、学部学生全員に一律5万円の緊急修学支援奨学金(総額63千万円)の給付と新たな修学支援奨学金制度を設けることを決め、学長として学生のみなさんに「学びをあきらめないで」と呼びかけました。
 国も最大20万円を給付する支援策を決め、大学が窓口になる予定です。さらに、独自の支援策を設けている自治体もあります。

本学内でも様々な予算の削減を行って学生への支援体制を続けておりますが、それでも十分ではない状況が生じております。

 本学は皆様のご支援、ご寄付を必要としております。

ご寄付をされていらっしゃらない方にはご寄付のご検討をお願いしたく、既にご寄付された方にはさらなるご寄付のご検討を頂ければ幸甚です。そして皆様のご友人や周りの方にもお声がけいただければ、ありがたく存じます。

 

 縁あって東京農業大学の学び舎に集った学生には、誰一人として、コロナ禍が原因で学びをあきらめてほしくない。「生きる」を支える学びを全うしてほしい。今、不安を抱えて悩んでいる学生も、決してあきらめないでほしい。

 

様々な形での支援を困窮している学生に向けたいと存じております。

引き続きのご支援を、何卒よろしくお願い申し上げます。

東京農業大学 「修学支援募金」
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う学生支援募金
に寄付する

募集対象

個人、企業・団体

 

募集金額

1口 1万円